ecomo
(エコモ)
【自然素材・健康】
自然素材に
こだわる家

引用元:ecomo(エコモ)公式HP(https://www.ecomo-life.com/work/4329/)

RayCraft
(加藤工務店)
【デザイン提案・設計】
細部まで
私たち好みの家

引用元:RayCraft(加藤工務店)公式HP(https://kato-koumuten.com/gallery/)

ジューテック
ホーム
【安心・住宅性能】
冬あたたかく
夏涼しい家

引用元:ジューテックホームHP(https://www.jutec-home.jp/featured_item/68_1020/)

神奈川の注文住宅会社Naviであなた好みの家を建てる » 藤沢市のおすすめ工務店・ハウスメーカー » 藤沢市の土地相場

藤沢市の土地相場

 

こちらでは藤沢市の土地相場に関して、様々な角度から検証。市全体の土地相場やエリアごとの特徴や相場、土地選びのポイントや注意すべきポイントなどを取りまとめて紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。

藤沢市全体の土地価格相場

藤沢市の主なエリア別・坪単価平均

まず藤沢市全体の土地相場は坪当たり75.7万円という数字になっています。実はこれ、近隣エリアと比べても高い数字となっています。参考までに横浜市戸塚区は坪60.4万円、泉区は坪66.4万円、鎌倉市は坪65.6万円、茅ケ崎市は坪68.8万円となっています。

その上で気になるのは、藤沢市内で、どのエリアが高く、どのエリアが安いのかという点でしょう。市内の主なエリア別の坪単価は、おおよそ、以下のようになっています。

  • 石上:128万8,705円
  • 藤沢駅:118万309円
  • 鵠沼地区:91万3057円
  • 湘南台:87万3,744円
  • 江ノ島:84万3,526円
  • 鵠沼海岸:83万3,719円
  • 鵠沼駅:80万9,917円
  • 柳小路:78万991円
  • 本鵠沼:77万6,308円
  • 辻堂:74万8,610円
  • 湘南海岸公園:65万1,239円
  • 藤沢本町:60万8.264円
  • 六会日大前:58万4.522円
  • 目白山下:55万8.677円

これらの数字はあくまでも目安であり、実際の土地の価格は同じエリア内であっても立地や面積などの要素によって変わってきますが、目安として参考にしてみてください。

藤沢でおすすめの
注文住宅会社を比較

藤沢市の土地の特徴

東海道線の線路の北と南で土地価格が異なる

そもそも土地相場というものは、同じエリア内であれば、鉄道の主要駅に近い程、より高額となっていくという傾向があります。その上で、藤沢市ならではの特色として、土地物件の立地が東海道線の線路の北側だと比較的安くなり、逆に南側だと、高めになっていくという傾向があります。この点はぜひ、踏まえておいてください。

海に近づくほど土地価格が高くなる

藤沢に限らず他の地域でも言えることですが、やはりオーシャンビューの立地というものは、昔も今も、高い人気となっています。前述しました東海道線の線路の南側という要素も、そうした要因が関わっていると言えるでしょう。

その上で、同じエリア内でも、より海岸線に近い場所ほど、土地相場もより上昇するという傾向があるのです。例えば鵠沼エリアの場合、海岸から距離がある本鵠沼四丁目付近よりも、海岸線により近い鵠沼海岸五丁目の方が土地相場は上回るという感じ。辻堂エリアにおいても内陸側の辻堂大平台一丁目よりは、辻堂東海岸四丁目の方が土地相場は上という傾向になります。

東海道線より北の小田急沿線がねらい目

上記の通り、藤沢市内では、東海道線の線路の南側かつ海岸線に近ければ近い程に、土地相場は高額になっていくという傾向があります。逆に言えば、東海道線の北側の海から離れたエリアであれば、土地相場はよりリーズナブルになります。

ただし、公共交通機関の利用のしやすさという点も、ある程度は考慮しておきたいもの。そこで検討をお勧めしたいのが、藤沢本町、善行、六会日大前といった、東海道線より北側の、小田急江ノ島線の沿線エリアです。土地価格のリーズナブルさと、日常生活における利便性が、程よいバランスとなっているエリアと言えるでしょう。

駐屯地近くは騒音に注意

上記の通り、藤沢市内北部の小田急江ノ島線の沿線エリアは価格と利便性のマッチングという点でお勧めできるエリアですが、一点、注意しておくべき点があります。それはズバリ、隣接する綾瀬市と大和市にまたがる、厚木基地の存在です。

厚木基地は日本の海上自衛隊だけではなく、在日米軍基地としても使用されているというのが見落とせないポイント。かつては横須賀に空母が入港する際、空母艦載機が厚木基地に飛来する方式だったため、長年に渡り騒音に悩まされていたという土地柄なのです。現在では艦載機は山口県の岩国基地を使用するようになり騒音も多少軽減されましたが、航空機の発着がなくなったわけではありませんので、この点はしっかりと考慮しておくべきです。

藤沢市で注文住宅を建てるには

藤沢市にて注文住宅の施工を依頼できる工務店はそれこそ数多ありますが、近年注目を集めているのが、綾瀬市を本拠地とする「RayCraft-加藤工務店-」。2020年11月に藤沢駅近くにre:tempo by RayCraft/リ・テンポをオープンさせています。

元々、綾瀬市の地域密着型業者として50年以上の歴史を有するという老舗工務店でありながら、インスタグラムやブログなども積極的に活用することで、最新の施工事例も積極的に発信。子育て世代からも高い支持を得ています。

そんなRayCraft(加藤工務店)の特色は、構造材の国産ヒノキをはじめ、上質な天然素材を用いた家づくり。年月を増すごとに風合いが増し、末永く愛着がもてるというこだわりを貫いています。一方で、3M社の「FRダンパー」を用いた制震性能向上やYKKapの「APW330」を用いた断熱性・省エネ性向上なども、しっかりと配慮されています。

そして何より、「至高の休日スタイル」をテーマに、依頼主とそのご家族の生活が上がるような、オーダーメイドの住まいづくりを提案しているのが大きなこだわり。いわゆる規格住宅のようなベースプランにアレンジを加えていくやり方ではなく、白紙の状態から依頼主の希望を丁寧にヒアリングして、オンリーワンの住まいを造り上げていく方式を実践しています。

RECOMMENDED

こだわりの家造りを叶える
神奈川の注文住宅会社3選
【自然素材・健康】
自然素材にこだわる家
ecomo(エコモ)
ecomo(エコモ)

引用元:ecomo(エコモ)公式HP(https://www.ecomo-life.com/work/4329/)

  • 「ロハス」な暮らしをテーマに自然素材の家を展開
  • 自然光や風を取り入れるパッシブ設計が基本
  • オーガニックな暮らしが体感できるショールーム
【デザイン提案・設計】
細部まで私たち好みの家
RayCraft(加藤工務店)
RayCraft(加藤工務店)

引用元:RayCraft(加藤工務店)公式HP(https://kato-koumuten.com/gallery/)

  • 価値観を探る独自ヒアリングが叶える期待"以上"のデザイン
  • 熟練の設計士&コーディネーターによる、オシャレな空間設計
  • 憧れの空間を演出できる自分だけのオリジナル家具が叶う
【安心・住宅性能】
冬あたたかく夏涼しい家
ジューテックホーム
ジューテックホーム

引用元:ジューテックホームHP(https://www.jutec-home.jp/featured_item/68_1020/)

  • 2×4工法で高い耐震性・家具の倒壊を最小限に
  • 大手メーカーレベルの高気密・高断熱
  • フロア全面床暖房が標準設備